民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  展覧会情報 
民俗資料室ギャラリー展示(26) 「東北の木地玩具―遊びと祈りの造形―」
■日  時
2018年10月15日(月)−11月30日(金)
10:00〜17:00
休室日:日曜日、10月25日(木)、10月29日(月)
特別開室:10月28日(日)、11月4日(日)
※11月3日(土・祝)午後は「親子鑑賞会」
開催予定のため、混雑が予想されます。
入場無料

■会  場
武蔵野美術大学 美術館・図書館
民俗資料室ギャラリー(13号館2階)


ポスター
■展覧会概要
     武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室では、展覧会「東北の木地玩具 ―遊びと祈りの造形―」を開催いたします。
     日本には土人形や張り子人形など様々な素材を用いて作られた玩具があり、それらの中には地域の風土と信仰によって生み出されたものが数多く見られます。また、子どもの健やかな成長を願うなど、祈りの意味が込められています。
     ろくろの回転を利用して木材を削り加工した玩具は、木地玩具と呼ばれています。椀や盆などの日常生活用具を製作する木地師と呼ばれる職人によって作られました。
     生産地は各地にありますが、そのなかでも東北地方の木地玩具はとくに種類が多様です。東北では文化・文政期(1804〜1830年)に、一般庶民の間で温泉地で療養する湯治と呼ばれる風習が始まったとされ、広く普及していきました。これに伴い、日常生活用具だけでなく、温泉地で販売するお土産品として子どもが遊ぶ木地玩具の製作もされるようになりました。
     木地玩具は、工業的に製作された玩具とは異なり、一つ一つ手作りで作られています。ろくろによって生まれる丸みを帯びた形は独特な風合いがあり、人々に親しみを与えてくれます。
     本展では民俗資料室の所蔵資料のうち、未公開の東北の木地玩具を約190点ご紹介します。
      木地玩具には、こけしのデザインを受け継ぐえじこ(嬰児籠人形)や様々な種類の独 楽、車輪で動く動物や乗り物などがあります。製作した木地師や地域によって異なる 模様など、バリエーション豊かな木地玩具をお楽しみください。
これまでの民俗資料室ギャラリー展示へ
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.