民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  過去の展覧会情報 >  くらしの造形1 「やきもの」
前へ
企画展
くらしの造形1「やきもの」
ポスター表 ポスター裏
〔くらしの造形−1 やきもの〕
1990(平成2)年7月16日(月)〜8月28日(火)

  民俗資料室所蔵の約7000点(当時)の「やきもの」は、その大半が日本観光文化研究所の収集になり、本学に寄贈されたものである。生活雑記を中心にして日本全国の窯場の主要な製品を網羅している。本展では収蔵資料の輪郭を紹介することを主目的として3000点ほどを選んで展示した。収蔵品は全て庶民が毎日の生活に必要なものとして作りだし、使ってきた日常雑器であるが、各地の窯場の専門職人によってつくられた大量生産品である。毎日の暮らし、その何十年という積み重ねの中で、良いものが選ばれ、悪いもの、必要でないものは捨てられていった。絶え間のない選択があったのである。職人は、その絶え間無い選択に耐える製品を作出するために、伝統的な技術を習得し、更に工夫をこらし、技を磨き、伝えたのである。展示した「やきもの」は、作る職人と、使う庶民、双方の美意識によって作りだされた造形物の一つだと私たちは考えている。
写真 写真
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.