民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  過去の展覧会情報 >  くらしの造形3 「たけ」
前へ 次へ
企画展
くらしの造形3「たけ」
ポスター表 ポスター裏
〔くらしの造形−3 たけ〕
1992(平成4)年7月30日(木)〜8月27日(木)

  第三回は「たけ」の民具を紹介した展覧会である。たけ(竹)は日本人にとって極めて身近な植物で、成長が早く、中空で軽く、強靱で弾カ性に富み、縦に割れやすいといった竹の利点を、日本人は巧みに活かし、暮らしの中で実にさまざまに利用してきた。
  民俗資料室では、そうした「たけ」の資料を約3000点収蔵しているが、多くは生活様式の変化やプラスチック製品の出現で、竹製品が急速に姿を消しつつあった昭和40年代後半から50年代にかけて収集したもので、洩れはあるものの、その収集範囲は全国に及んでいる。台湾や東南アジアやインドなど外国のものも多少ある。今回は、コレクションの概要を知っていただくことを主目的として、1500点程を選んで展示した。
写真 写真
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.