民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  過去の展覧会情報 >  くらしの造形9 「凧-関東・中部編-」
前へ 次へ
企画展
くらしの造形9「凧-関東・中部編-」
ポスター表 ポスター裏
〔くらしの造形−10 凧−関東・中部編−〕
1999(平成11)年10月28日(木)〜12月11日(土)

  10回目は、再び「凧」をとりあげる。今回は平成5年に開催した「東北・北海道の凧」に続いて、「関東・中部地方の凧」を紹介する展示である。かって「凧銀座」と呼ばれていた東海道筋を含む今回の地域には、実に多様な形態、絵柄の凧があった。明治以降の近代化の流れの中で、また第二次犬戦中から戦後にかけての混乱期に衰退、中絶したものもたくさんあるが、近年にいたって復元、復活したものも多く、予想以上に多種類の凧を収集できた。風に乗って空にのぼり、ゆったりと天を舞う凧の姿に、人々は遥かなる昔から、天空への想いを託してきたのでしょう。その郷愁ともいえる熱い想いが、絶えかけた凧を復元し、凧揚げを復活する情熱の源になっているように思われる。ご覧いただく凧の多くは、そうした熱い想いを持ったたくさんの人のご好意によって収集することのできた祝凧である。
写真 写真
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.