民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  過去の展覧会情報 >  くらしの造形14 「いね こめ めし」
前へ 次へ
企画展
くらしの造形14「いね こめ めし」
ポスター表 ポスター裏
〔くらしの造形−14 いね こめ めし〕
2003(平成15)年7月7日(月)〜8月30日(土)

 苗を育て、田に植えて稲を育てる。成熟した稲を刈り取って脱穀する。扱き落とした実が「モミ」で、その茎を「ワラ」とよぶ。モミを摺って表皮をとったものが「コメ」である。そのコメを臼や精米機にかけて「ヌカ」を剥ぎ、釜で炊くと「メシ」になる。古くはイイ(イヒ)と言い、甑で蒸したコワイイ(強飯)と鍋釜で炊いたヒメイイ(姫飯)、水気の多いカユ(粥)の別があった。モチ米を甑で蒸した赤飯・オコワにその名残りが残っている。英語だと「RICE」あるいは「RICE…」ということになるのだが、日本語にはライスに対応する総称はない。そこに日本文化の大きな特色を読み取ることができる。イネは基幹作物として農業、農家を支え、コメは少なくとも近代までの日本経済の中核となっていた。そしてメシは主食として私たちの食卓の中心になるものであった。本展では、民俗資料室の収蔵品の中から「イネコメメシ」に関連する民具類を展示した。この国の生活文化を支えてきた多様な道具類をご覧いただき、先人たちの努力、工夫の一端を読み取っていただければ幸である。
写真 写真
写真 写真
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.