民俗資料室 武蔵野美術大学ウェブサイトトップページへ  美術館・図書館トップぺージへ 美術館のページへ 図書館のページへ
トップページへ 民俗資料室 展覧会情報 過去の展覧会情報 お問い合わせ LINK ご利用にあたって
主な収蔵品
やきもの
ぬの
たけ
わら・つる・くさ
木のうつわ
かなもの
郷土玩具
凧
信仰資料
海外資料
データベース
  TOP >  過去の展覧会情報 >  民俗資料室ギャラリー展示(18)「デザインの原像としての民具U:竹が生み出すかたち‐竹の多様性と民具‐」
前へ 次へ
「デザインの原像としての民具U:竹が生み出すかたち‐竹の多様性と民具‐(Forms created with bamboo‐Diversity of bamboo and folk-craft articles)
■日  時
2014年6月2日(月)−7月26日(土)
10:00〜17:00
日曜日・祝日閉室。
ただし、6月15日(日)・7月21日(月・祝日)
は特別開室
入場無料

■会  場
武蔵野美術大学 美術館・図書館
民俗資料室ギャラリー(13号館2階)

■ギャラリートーク
6月10日(火)
工藤員功 竹民具研究者
6月27日(金)
柏木治次 竹研究者・園芸家
※各日16:30-18:00

植物としての竹、竹で作られた民具、
それぞれの専門家をお迎えし、
本展を監修した板東教授が
聞き手となって話を伺います。

■ワークショップ
「竹カゴを編む」
7月12日(土) 13:00‐17:00
無料(定員25名。電話もしくは
直接来室にて予約受付)
講師:稲垣尚友
※定員に達しましたので、
締め切らさせていただきました。


職人の指導の下、
六つ目カゴを製作します。
素材としての竹の特徴や、
民具の持つ構造を体感してください。
ポスター
主催=武蔵野美術大学 美術館・図書館
監修=坂東孝明(本学基礎デザイン学科教授)


■展覧会概要
     竹の民具シリーズの第2回目は、『竹が生み出すかたち』というテーマで、竹の種類から民具を見つめ直そうと企画した。当資料室収蔵の3,000点にのぼる竹の民具のなかで、笹類、竹類、バンブー類それぞれから7種類の竹による民具を選んで紹介する。
     昨年秋に開催した第1回『竹を編んだかたち』展では、竹の代表的な編み方を面、縁、底の3つに分けて、それらの典型的な民具を展示した。2回とも、展示シリーズ名を『デザインの原像としての民具』としたのは、歴史的資料を民俗学のみならず、「デザイン学 *」 の視点から再評価することを試みたからだ。竹の民具を過去の工芸品としてではなく、今日の工業製品が見失った、手から生まれ出てくるかたち、その呪的な霊性、身体性、生命観を孕んだ「デザインの原像」として捉えなおすのである。
     日本に古くから自生してきた笹類、大陸や南方から渡ってきた竹類やバンブー類の特長が、民具の使われ方、編み目やかたち、印象に息づいている。日本の風土が育み、この国の文化の基層をなす役割を果たしてきたデザイン。竹という植物が人の手を介して生み出してきたかたちの源泉に手を伸ばして触れていきたい。
*「デザイン学(モルフォポイエーシス)」は本学名誉教授 向井周太郎が提唱
HOME | 武蔵野美術大学のページへ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館のページへ 
©2006 Musashino Art University Museum & Library. All Rights Reserved.